十和田市立中央病院で新たに3人の女性看護師が新型コロナウイルスに感染したことを説明する有賀部長(中央)ら

 県は28日、新型コロナウイルスに感染した女性看護師が勤める十和田市立中央病院で新たに3人の陽性が確認されたと発表した。感染が判明したのは女性看護師と同じ感染症病棟で働く40代女性看護師3人(いずれも上十三保健所管内在住)。県は院内感染の可能性が高いとみて、引き続き病院関係者ら濃厚接触者のPCR検査を急いでいる。県内での感染者は26人となった。
 県などは、27日に40代女性看護師1人の感染が判明したことを受け、同居する夫と病院関係者ら約50人を濃厚接触者と特定。そのうち夫を含む30人のPCR検査を28日に実施し、3人の感染が判明した。
 感染が確認された女性看護師はいずれも新型コロナウイルス感染症患者の看護を担当。食事や排せつのケアが必要な患者もおり、接触度合いは高かったという。
 また、3人のうち1人は27日に感染が確認された女性看護師と院内の休憩スペースで昼食を複数回共にした。
 3人の容体については、1人はせき、鼻づまりなどの症状があり、2人は一時的にせきや味覚異常があったが現在は無症状。濃厚接触者については調査中だが、同居する家族計7人を特定しており、中には10代や10歳未満の子どももいるという。
 十和田市で2例目のクラスター(集団感染)発生も懸念される大西基喜県感染症対策コーディネーターは「人数的にはまだクラスターと見ていない」としつつ「感染の連鎖という意味で(クラスターが発生した)グループホームからの感染の延長と考えることもできる」と見解を述べた。
 感染者発生を受け、十和田市立中央病院は救急患者の受け入れを30日午前まで中止。有賀玲子県健康福祉部長は「別の圏域で受け入れざるを得ない状態で、重大なことが起こっていると認識している。しっかり別の圏域で受け入れができるよう、県としても支援する」と話した。