3種のフレーム切手をPRする弘前郵便局の職員

 日本郵便東北支社は、弘前市を彩るさまざまな桜の風景を題材にしたオリジナルフレーム切手「弘前のさくら2020」を県内全域の郵便局で販売している。市内郵便局では、弘前さくらまつり公式応援キャラクター「桜ミク」のオリジナルフレーム切手も取り扱っている。
 祭りを盛り上げようと、11年前から毎年この時期にオリジナルフレーム切手を販売している。
 「弘前のさくら」は、市や弘前観光コンベンション協会が提供した昨年の祭りの写真を使用。桜の花びらが弘前公園の堀を埋め尽くす花筏(いかだ)やライトアップされた夜桜といった美しい風景が詰まっている。63円切手10枚セットが1300円(税込み)、84円切手10枚セットが1400円(同)。
 「桜ミク」は、市を介してキャラクターの版権元の会社と交渉し、使用権を得た。さまざまなデザイナーが描いた個性豊かな桜ミクが一堂に会し、眺めているだけでも十分に楽しめる。84円切手10枚セットで1500円(同)。
 弘前郵便局総務部の鎌田満部長は「新型コロナウイルスが流行している今こそ、フレーム切手を売って地元を大いに盛り上げたい。近くの郵便局で買ってくれれば」と呼び掛けた。
 「弘前のさくら」は各1070セット、「桜ミク」は1000セット限定。ウェブ上では5月5日に発売する。