新型コロナウイルス感染症対策に活用してほしいと、プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツは24日、県共同募金会(元木篤子会長)に2019―20シーズンの勝利数に応じた「勝利募金」7万円を寄付した。
 勝利募金は1試合勝利ごとに3000円とし、同シーズンは21勝分の6万3000円。さらに選手からの募金7000円を加えた。
 青森市の県民福祉プラザで行われた贈呈式では、感染対策のため青森ワッツの選手は直接訪問せず、門馬圭二郎キャプテンがビデオメッセージで寄付への思いを伝えた。
 門馬キャプテンは「一日も早くこの事態が収束し、来シーズンを無事に迎えられるよう、私たちにできることをしっかりやっていきたい」とメッセージを寄せた。
 寄付金は同会が実施する「地域で支えよう~新型コロナウイルス感染症対策緊急支援活動助成事業~」に活用する。同事業は感染対策でサロン休止などさまざまな活動が自粛している状況下で、子どもや高齢者、障害者が孤立してしまうのを防ぐための活動に対し、資金面で支えるもの。
 元木会長は「青森ワッツの選手、関係者と共に力を合わせてこの難局を乗り越えたい」と話し、寄付金贈呈に感謝した。
 青森ワッツは14年から「赤い羽根サポーター宣言」の一環として、勝利募金をはじめとした各種募金など同会への寄付を続けている。今回の勝利募金など7万円を含めた19年度の寄付総額は112万1883円。
【写真説明】青森ワッツから寄付を受け取った元木会長と、ビデオメッセージを寄せた門馬キャプテン