入居している80代女性の新型コロナウイルス感染が9日に確認された十和田市の認知症高齢者グループホームで、新たに職員3人の感染が10日、確認された。感染が判明したのは50代女性1人と30代女性2人。厚生労働省は同一の場で5人以上の感染者の接触歴などが明らかとなっていることをクラスター(集団感染)の目安としており、県は「クラスターの可能性はかなり高まっている」とした。県内の感染者は17人となった。
 3人とも、感染が確認された80代女性のトイレや入浴などを介助していた。いずれも上十三保健所管内に居住しており、現在は十和田市内の感染症指定医療機関に入院している。
 50代女性は無症状。4日に親族宅で親族10人と会食した他、3月後半と4月7日にスポーツジムを利用したという。現時点で特定している職員を除く濃厚接触者は、夫と子3人、孫6人の計10人。
 30代女性の1人は3月上旬から花粉症のような症状があり30日に管内の医療機関を受診。4月8日に実家で親族5人と会食した。職員を除く濃厚接触者は同居人と両親、兄夫婦とその子の計6人。現在も鼻水や喉の痛みなど花粉症のような症状が続いているという。
 もう1人の30代女性は無症状で、職員以外の濃厚接触者はなし。
 9日の80代女性の感染判明を受け、同保健所は10日、職員16人と元職員1人、80代女性が受診した市内医療機関の医師2人、発熱症状がある入居者1人、80代女性の長男夫婦の計22人のPCR検査を実施。その結果、職員3人が陽性、ほか19人は陰性だった。
 入居者16人のPCR検査は11日にも実施する。16人に今のところ症状はないという。
 今回特定された濃厚接触者は自宅で健康観察をしてもらい、必要があればPCR検査を行う。
 ホームは運営を継続するが、県は「入居者の検査結果を見て施設をどうするか、次の判断をすることになると思う」とした。
 また県は、八戸市内の感染者の一部が退院していたことを明らかにした他、五所川原保健所管内で感染が確認された20代男子学生の父親と、感染が確認された東北電力ネットワーク五所川原電力センター社員2人の接点がうわさされていることについて「接点は全くない」と否定した。