弘南鉄道大鰐線で新たな観光ブランド「古津軽(こつがる)」をPRする「古津軽列車」が運行されている。宵宮を連想させる車内装飾や、津軽各地の神社鳥居にある「鬼コ」が利用者たちを出迎える。8月31日まで。
 「古津軽」は県中南地域県民局が推進する観光ブランド。津軽地域に伝わる祭りや文化を、それぞれの背景にある「ものがたり」と一緒に楽しむもの。
 同線の利用者らに津軽の地を鉄道で巡り、さまざまな沿線の魅力を再発見してもらおうと同県民局管内各市町村や団体が弘南鉄道と連携。同線の車両(2両編成)1両の車内に装飾した。同県民局が車両を丸ごと飾り付けるのは今回が初。
 車両は「古津軽」と書かれたヘッドマークを両方の前面に掲出。車内は、紙風船や毛糸を球状に丸めた飾りが天井からつるされ、宵宮の雰囲気を感じられる。運転席のすぐ後ろでは鳥居の鬼コの大型パネルと記念撮影できるほか、車内には9体の鬼コが隠れており、見つけながら津軽の鬼伝説に触れることができる。
 運行が始まった3月26日は、多くの利用者がいつもと違う列車の内装に興味津々の様子。大鰐町の専門学校生両角真由子さん(20)は「かわいらしい飾りが付いた電車に乗れて気分が上がる」と話した。
 同県民局地域連携部の成田彩子主査は「列車で津軽地方を巡り、自分の好きな『ものがたり』を見つけてほしい」とPR。「古津軽」に関するホームページの運用も始まっており、地域連携部地域支援チームは「新型コロナウイルスにより訪れるのが難しい今は、ホームページで物語に目を通してもらい、いずれ足を運んでいただけたら」としている。
 8月31日まで毎日運行。大鰐―中央弘前駅間を1日最大8往復するが、車両点検のため他の車両が代走することもある。運転日確認などの問い合わせは中央弘前駅(電話0172―32―6449)へ。
【写真説明】列車内にいる「鳥居の鬼コ」を紹介する成田主査

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。