新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校していた弘前市の市立小中学校が6日、再開し、学校には久々ににぎやかな子どもたちの声が響いた。その一方、県内における感染者の増加や、弘前大学医学部卒業生の感染が判明するなど依然として強い警戒が続く中での再開となり、現場では感染防止対策を徹底しながらの教育活動となる。
【写真説明】マスク姿の新1年生も多く見られた入学式=6日、西小学校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。