黒石市の広報紙「広報くろいし」が4月号からリニューアルされた。月2回発行から1回(1日)となったが、ページ数を増やして従来と変わらない情報量を盛り込んでおり、新しくなった表紙のロゴマーク作成には地元高校生が携わった。市のホームページも1日にリニューアルされ、市は「これまで以上に情報を発信していきたい」としている。
 変更点として表紙や裏表紙など4ページをカラー化。文字サイズを大きくしたほか、新コーナーとして古くからの文化や技を伝える「小さなまちかど博物館に行こう」、市の文化財を紹介する「おらほの文化財」、子どもたちの様子を伝える「わんぱくなかよし帳」が始まった。
【写真説明】4月号からリニューアルされた「広報くろいし」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。