青森労働局は31日、2月の雇用失業情勢を発表した。県内有効求人倍率(季節調整値)は1・13倍で、前月から0・01ポイント上昇。1倍超えは2016年3月以降48カ月連続となった。同労働局は雇用情勢について「改善の動きが落ち着いている」と判断、2月時点ではまだ新型コロナウイルスによる大きな影響は見られないとした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。