県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、重症化リスクの高い高齢者が集う弘前市の老人福祉施設では、施設職員らが感染の未然防止に向け神経をとがらせている。各事業所は対策を再確認し、面会禁止の措置を講じる入所型施設があるほか、一部の老人福祉センターでは感染地域への行動歴がある高齢者に対する老人クラブ活動の自粛要請を検討している。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。