鳥獣害対策で駆除した野生動物を活用した観光資源開発に取り組む西目屋村は25日、同村田代の道の駅津軽白神で試作品の試食・展示会を開いた。集まった関係者らがクマ肉を使用した料理を試食し、商品化に向けて意見を交わした。
 村は駆除した野生動物を活用して食品や革製品などの観光資源を開発するとともに、マタギの文化を後世に伝えるための「白神源流・マタギ文化継承プロジェクト」に2020年度から着手する。駆除した野生動物を食肉加工する施設を11月に完成させる方針で、同年度中の運用開始を目指している。
 試食会ではクマ肉を使用したカレー、村で収穫されたソバの実を使ったリゾットなどの試食品が用意され、参加者は一品ずつ味わいながら味などについて意見を交換した。
【写真説明】クマ肉を使った2種類のカレー(右上と左上)やソバの実を使ったリゾット(中央)など趣向を凝らした料理が提供された

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。