弘前大学農学生命科学部白神自然環境研究センターの山岸洋貴助教(43)らは、国内で初めてつがる市の池で、水草の希少種「ガシャモク」と近縁種「エゾヒルムシロ」の雑種を発見し、「ツガルモク」と命名したことを25日、明らかにした。現在、国内唯一の産地であり、この池ではガシャモクをはじめ、レッドリスト掲載種も多く見つかっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。