新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で小中学校、高校などが臨時休校したことを受け、全国の各書店では学習ドリルなど家庭学習用の書籍の売れ行きが伸びている。津軽地方の各書店でも、学習や娯楽に適したさまざまな商品が例年にない売れ行きを見せており、ジュンク堂書店弘前中三店では、3月から特設コーナーを展開。同店の石川弓子店長は「親、祖父母世代の客層が子ども向けの書籍を買っていくケースが目立っている」と話している。
 同書店では、政府が臨時休校を要請した2月27日ごろから販売動向に変化が見られたという。特設コーナー「おうち時間を本で楽しもう」には家庭学習用の書籍や絵本、ウイルスについて学べる子ども向けの本などが並ぶ。
【写真説明】家庭学習などに適したさまざまな書籍が並ぶジュンク堂書店弘前中三店の特設コーナー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。