国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、平川市は28日から、感染予防などについての注意を喚起する市民向けのチラシを毎戸配布する。津軽地方では、すでに黒石市や大鰐町、藤崎町、西目屋村などでも同様のチラシを毎戸配布しており、各自治体で住民向けの周知と対策強化が進んでいる。
 チラシには国が示している新型コロナウイルス感染症の症状、手洗いやうがい、マスク着用といった予防方法を掲載し、全世帯分約9700枚を用意。また、ウイルス感染が疑われる症状がある場合に、弘前保健所の帰国者・接触者相談センター(電話0172―33―8521)に連絡し、指示に従うよう呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。