国立病院機構弘前病院と弘前市立病院を統合し、弘前病院の敷地内に整備する新中核病院に関し、県は20日、2020年度から施設整備費として2カ年で計30億円の補助を行うことを明らかにした。補助により、弘前市の負担額は当初予定していた40億円から20億円に半減する。総整備費126億円のうち、国立病院機構の負担は76億円となる見通し。20年度県当初予算案に計上した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。