平川市は14日、2020年度当初予算案を発表した。第2次長期総合プランに掲げる将来像と「まち・ひと・しごと創生総合戦略」第2期計画の人口減少対策などを反映した予算編成となっており、一般会計は175億3000万円で、前年度当初比22億1000万円(11・2%)減と、2年連続の減少となった。新体育館「ひらかわドリームアリーナ」完成に伴う普通建設事業費の減少などが主な要因。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。