青森市は14日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は1224億9700万円で、前年度当初比77億3700万円(5・9%)減となり、4年ぶりの減少に転じた。旧操車場跡地にアリーナを整備する計画に関して市土地開発公社が所有していた土地の取得が完了し、市清掃工場復旧事業が終了するなど普通建設事業費が61億6500万円減った影響もあり、予算規模は合併で新市になってから5番目の大きさ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。