弘前市の佐藤長(佐藤浩三社長)が展開するスーパー「さとちょう」の大鰐店が14日、大鰐町大鰐湯野川原にオープンした。2018年12月末に閉店した旧「ママの店」の店舗を引き継ぐ形で営業。開店を待ちわびた町民が長蛇の列をつくり、にぎわった。
 大鰐店はさとちょうの29店舗目。売り場面積は約198平方メートルと小規模ながら、同社の強みである鮮魚などの生鮮食品を豊富にそろえる。総菜を小分け販売にするなど、周辺に住む高齢者主体の少人数世帯に合わせた売り場展開も特徴。
【写真説明】多くの買い物客でにぎわうさとちょう大鰐店

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。