弘前桜の園音楽協会(川村昇一郎会長)が主催する第18回「弘前桜の園作曲コンクール」の審査結果がまとまった。一般部門では尾方凜斗さん(東京・東京音楽大学大学院修士課程2年)の「Meta[Morph]osis+ing for flute and violoncello」が1位・弘前市長賞に輝いた。小中学校部門は久保心晴さん(弘大附属小5年)の「星空のなかで」、高校部門は吹田麗帆さん(弘前1年)の「Duo for 2violins in Dmajor」がそれぞれ1位・弘前市教育長賞を獲得した。
 入選者は4月29日に弘前文化センターで開かれる第23回「未来コンサート」で表彰、各1位作品が演奏される予定。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。