弘前観光コンベンション協会(三上千春会長)の新春講演会が29日、アートホテル弘前シティで開かれた。4月11日開館予定の弘前れんが倉庫美術館をテーマに開館準備年学芸担当の三木あき子さんが講演。運営の在り方について「企業、行政、コミュニティーが関わり合い、長期的なビジョンで共に育っていくイメージを」と強調した。
 また、小杉在良・開館準備室運営統括も取り組みなどを紹介した。
【写真説明】弘前れんが倉庫美術館について講演する小杉さん(左)と三木さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。