弘前大学などは8日、あおもり藍の葉から抽出した「あおもり藍葉エキス」が、高い抗インフルエンザウイルス効果を持つことを発見し、同ウイルス阻害剤の特許を出願したと発表した。このエキスは天然由来100%で食材としても使われるなど人体に対する安全性が確保されており、今後健康食品や医薬品など幅広いインフルエンザ予防製品への活用が期待され、すでにマスクの商品化に向けた試作も進められている。
【写真説明】消臭・抗菌スプレー(右上)などはすでに商品化され、マスク(左)の試作も始まっている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。