県教育委員会主催の子どもの読書活動推進大会が14日、弘前市のヒロロ4階市民文化交流館ホールで開かれた。市民らが人気作家あさのあつこさんの講演などを通じ、子どもへの読書活動普及方法を考えた。
 あさのさんは岡山県生まれ。青山学院大学を卒業後、小学校の臨時教諭を経て作家デビュー。「バッテリー」で第35回野間児童文芸賞と第54回小学館児童出版文化賞、「たまゆら」で島清恋愛文学賞を受けた。「The MANZAI」シリーズなど多くの人気作品で人々を魅了している。
 講演は「本によって 世界にふれる」と題し、あさのさんと弘前、弘前実業の両高校生徒の4人によるトークセッション形式で進行。あさのさんが生徒からの質問に答えながら、創作の裏話などを紹介した。
【写真説明】講演するあさのさん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。