深浦町深浦地区に伝わる「円覚寺の裸参り」が17日夕に行われ、締め込み姿の男衆がしめ縄をかつぎ、「サイギ、サイギ」の掛け声を響かせながら住宅街を練り歩いた。
 裸参りは円覚寺周辺住民でつくる観音講が主催。寺に安置してある観音様の一年で最後の縁日「納め縁日」に当たる毎年12月17日に行っている。今年は31人が参加した。
 雨の中、男衆は長さ75メートル(重量30キロ)と3メートル(15キロ)のしめ縄を担ぎ、寺近くの町生きがいプラザ春光舘前を出発。太鼓の音に合わせて掛け声を響かせながら約15キロを練り歩いた。途中、「富士大権現」へのお参りも併せて行った。寺に到着後、しめ縄を奉納し家内安全と豊漁を願った。
【写真説明】「サイギ、サイギ」の掛け声を響かせながら締め込み姿で練り歩く男衆