台湾人シェフのアンドレ・チャン氏が運営するレストラン「RAW」(台湾・台北市)で11日、青森フェアが始まった。アンドレ氏が考案したリンゴやホタテなどの県産食材を使った料理が振る舞われ、参加した現地メディアが舌鼓を打ったほか、店内は青森ねぶたのフラッグの装飾やスタッフのねぶた衣装などで“青森色”に染まった。
 フェアは、アンドレ氏が2016年に北東北3県連携の「北東北『食街道』周遊プロモーション事業」に参加した縁で実施。アンドレ氏は11月19~23日の日程で来県し、本県の豊富な食材に触れた。
 フェアは15日まで行われ、特別コース料理が振る舞われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。