例年、県内で最も多くの初詣客が参拝する青森市の善知鳥神社で2日、正月の縁起物、破魔矢作りが本格的に始まった。
 破魔矢は厄を払い幸運を射止めるとされる正月の縁起物で家内安全や開運などを願って飾られる。神社の正月に向けた準備作業の一つで、12月中旬までに4種類計約5500本を奉製する。
 2日は、神職と巫女(みこ)4人が手作業で来年の干支(えと)のネズミが描かれた絵馬や短冊、鈴、金俵を矢に取り付け、包装するなどして1本ずつ丁寧に仕上げた。
【写真説明】善知鳥神社で行われている破魔矢作り

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。