弘前市亀甲町の津軽藩ねぷた村で、クリスマス限定金魚ねぷたの制作が進められている。昨年好評だったサンタクロース姿の金魚ねぷたに加え、今年は赤鼻のトナカイ姿も数量限定で用意。職人の檜山和大さんは「かわいらしく仕上がっている。クリスマスツリーに飾るなどして楽しんでいただければ」と話している。
 お目見えしたトナカイ金魚ねぷたは、大きな角に真っ赤な鼻、ベルをあしらったクリスマスツリーの尻尾が特徴で、直径12センチの中サイズが30個、同6センチの小サイズは70個限定。サンタクロース姿のねぷたと合わせて、プレゼントとしても人気を集めそうだ。
 ともに税込み価格は、中サイズ1600円、小サイズ1050円。津軽藩ねぷた村のほか、青森市の県観光物産館アスパムでも取り扱う。
【写真説明】トナカイ姿が新たに加わったクリスマス限定の金魚ねぷた