弘前の街をイルミネーションで彩る「弘前エレクトリカルファンタジー」が1日夜、始まった。来年2月末まで、弘前市内各所で、柔らかな明かりがつくり出す幻想的な光景を楽しめる。
 追手門通り周辺や弘前駅自由通路などにイルミネーションが施され、洋館など文化財施設がライトアップされた。今年で3回目となる「冬に咲くさくらライトアップ」も弘前公園外堀で始まった。JR弘前駅で行われた点灯式では、櫻田宏市長と橋本渉駅長が点灯スイッチを押し、色とりどりの光が市内一斉にともされた。
 点灯時間は追手門通り周辺が日没から午後10時まで。追手門広場は24、25、31日と2月14日に終夜点灯する。弘前駅は午前7時から翌日午前0時半まで。
【写真説明】幻想的な明かりで包まれた追手門通り周辺