雄大な岩木山の頂を眼前に望む、弘前市の羽黒温泉郷に昨年、「民宿ずだらっと」がオープンした。源泉掛け流しの温泉と、手塩にかけて育てた自前の農園野菜をふんだんに使ったボリュームたっぷりの料理が自慢で、リピーターを増やしている。宿は一日一組限定。大自然の中のプライベートな空間で、その名の通り「だらっと、ずだらっと、リラックスした時を」と、“農業女子”のおかみが客を出迎えている。
 経営するのは同市の三上瑠菜さん(29)農作業を手伝う自衛官の夫・勇人さん(27)、料理を担当する母・福沢玉緒さん(53)のサポートを受けながら、昨年7月にオープンさせた。
 民宿ずだらっとは、1泊2食付きで1人9000円。一組7人まで。日帰り入浴、宴会なども可能。詳しくはホームページ、民宿ずだらっと(電話080―5575―0261)へ。
【写真説明】民宿ずだらっとを経営する三上瑠菜さん(右)と、サポートする夫の勇人さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。