第15回津軽三味線全日本ミドル・シニア黒石大会が1日、黒石市の津軽伝承工芸館大ホールで開かれ、県内外から参加した出場者が日ごろ磨いた技を競い合った。審査の結果、団体の部は津軽三味線黒澤会(岩手県)、個人ミドル(40~59歳)の部は大水敏雄さん(青森県)、個人シニア(60歳以上)の部は酒井敏彦さん(石川県)が優勝に輝いた。
 大会実行委員会(渋谷幸平実行委員長)が主催。中高年奏者が活躍できる機会をつくり、長く津軽三味線に親しんでもらおうと毎年開催している。
【写真説明】団体の部で優勝した津軽三味線黒澤会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。