11月に和歌山県で開かれた「第32回全国健康福祉祭和歌山大会」(ねんりんピック紀の国わかやま2019)のゴルフ交流大会で、大鰐町の原子隆文さん(64)が60~64歳の部で優勝した。原子さんは29日、県庁を訪れ、県健康福祉部の神登喜彦次長に優勝を報告した。
 さらに、ハンディキャップを引く前の純粋なスコアが最も良かった人に贈られるベストグロス賞、最も握力が強い人に贈られるサプライズ賞も受賞した。
【写真説明】神次長に優勝を報告する原子さん(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。