プロバスケットボールチーム「青森ワッツ」は30日、所属選手とブースター(ファン)が交流するイベント「ブースター感謝祭・冬」を青森市の県観光物産館アスパムで開いた。熱烈なブースター約160人が、憧れの選手と楽しい時間を過ごした。また12月21日のアウェー戦でパブリックビューイング(PV)を行うと発表した。
 感謝祭はシーズン中の試合のない週(バイウィーク)に当たる30日に開催。これまでは公開練習などに充てていたが、ブースターとの交流を深めようと、県観光連盟の協力を得てこの時期に初めて開いた。
 事前に寄せられた質問を基に14人のトークショーが行われた。「ディフェンスがうまくなるこつは」という質問に対して「気持ちが大事」(門馬圭二郎選手)、「徹底した練習が必要」(北谷AHC)などと答えていた。
【写真説明】ブースターからの質問に答える選手ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。