厚生労働省の「知って、肝炎プロジェクト」(肝炎総合対策推進国民運動事業)の特別参与で、警察庁の「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム特別防犯対策監でもある俳優で歌手の杉良太郎さんが19日、県庁に三村申吾知事を表敬訪問。肝炎ウイルス検査の必要性や詐欺被害の防止対策推進などを訴えた。
 肝炎は自覚症状がないままに進行し、やがて肝硬変や肝がんを引き起こす可能性がある。本県は肝がんの75歳未満年齢調整死亡率(2017年度)が全国ワースト7位で、肝炎対策の推進が求められている。
【写真説明】三村知事を表敬訪問した杉さん(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。