2017年に死去した鯵ケ沢町長平町の工藤平三さん(享年90歳)が、昭和30年代から撮りためてきた写真の中に、現在は途絶えている岩木山長平登山道からのお山参詣の様子を収めた写真が含まれていることが18日、分かった。町教委は、現存する長平登山道のお山参詣の写真は「知る限り初めて」とし、貴重な記録として評価。他にも同30~40年代前半の農作業や婚礼、葬祭など当時の山村の暮らしを収めた写真が多数あり、すべてに撮影年月日が記されていることから、歴史資料としての価値も高いとしている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。