ごみ減量・資源化を目指す弘前市は、市民が家庭でいつでもごみの分け方や出し方を調べることができる「ごみ分別ガイドブック」を作成した。スマートフォンを持っていない人や、インターネット環境がない家庭でも、ごみの分別を簡単に調べられるガイドブックで、来年1月に毎戸配布する。
 市のごみ排出量は2017年度の1人1日当たりで、県内40市町村の中で3番目に多く、10市の中ではワーストだ。
 市は、ごみ収集日の通知やごみの分類に迷った際の詳細な検索機能などを備えたスマートフォン用アプリ「弘前市ごみ収集アプリ」のほか、市のホームページでごみ分別について周知する取り組みを展開している。
【写真説明】弘前市が作成した「ごみ分別ガイドブック」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。