弘前市内でクマによる食害が相次いでいる。10月21日現在の被害件数は39件で、2018年度の総件数の3倍を超えている。背景にはブナの実の凶作があるとみられている。地元狩猟関係者からは「今年は経験したことがないくらいクマが人里に下りてきている」と困惑する声が上がり、被害農家からは「大切に育てたリンゴが大量に食害に遭っている」と嘆く声が上がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。