相撲めし、堂々完成―。中泊町の中泊メバル料理推進協議会が開発した冬季限定の新・ご当地グルメ「中泊メバルちゃんこ鍋」(略称・メバちゃん鍋)の完成披露会が8日、町総合文化センター「パルナス」で開かれ、出席者がメバルをはじめ相撲にちなんだ同町特産品の具材などを味わった。
 メバちゃん鍋は同町が宝富士関、阿武咲関と2人の大相撲幕内力士を抱える相撲の町であることから、新・ご当地グルメ初の相撲めしとして4月から開発。
 升席にちなんで升に入った九つの具材を鍋に入れて食べる。具材は、デビューから一気に全国に知れ渡った「スピード出世」のメバルをはじめ「郷土力士」に掛けた郷土特産品の十三湖シジミ、「三役そろい踏み」のネマガリタケなど山菜3種類、「粘り腰」に掛けた町産ナガイモなど、すべて相撲にちなんでいる。
 スープは津軽海峡メバルしょうゆ味、十三湖産シジミ塩味、町産トマトみそ味の3種類。鍋を食べた後には、星取り表に見立てた勝ち越し団子がデザートとして提供される。
 メバちゃん鍋は1800円(税込み)。大相撲九州場所初日の10日から来年3月末まで町内3店舗(しじみ亭奈良屋=塩、ピュアレストラン=みそ、くつろぎダイニング哲=しょうゆ)で提供される。
【写真説明】お披露目されたメバルちゃんこ鍋

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。