消費増税から1カ月が経過した。当初に冷え込みが懸念された消費について、津軽地域の小売店などでは、軽減税率制度や国のキャッシュレス・ポイント還元制度で、ある程度は下支えされている様子。切り替え直後の混乱に一服感もある。一方、大型店では高額商品の動きが鈍くなるなどして苦戦、肝煎りのポイント還元についても手続きの遅れが響くほか、キャッシュレス決済率の増加で店舗側の負担が増している現状も。商店主たちは「増税の影響が出るのはこれから」と、一様に先行きを不安視している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。