弘前市出身の作家・石坂洋次郎(1900~86年)を偲(しの)ぶ会(石坂洋次郎の会主催)が命日の7日、分骨した墓がある同市の貞昌寺と市りんご公園で開かれた。出席した親戚縁者や文学ファンら約20人は、作品の朗読やスピーチに聞き入りながら、石坂の存在の大きさを再確認した。
 出席者は同寺に集合し、遺影を掲げた墓前に線香を上げ合掌。同公園にある石坂の文学碑前では、岩木山を仰ぎながら石坂原作の映画「青い山脈」の同名主題歌を合唱した。
【写真説明】市りんご公園の石坂洋次郎文学碑の前で、映画「青い山脈」の主題歌を合唱する出席者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。