弘前、大阪両市の新たな交流につなげようと、初のイベント「大阪ねぷたまつり2019」が9月27、28日に大阪市の大阪城公園「太陽の広場」で開かれた。期間中は大勢の地元住民や観光客が訪れ、関西ではなかなか見ることができない津軽の武者絵巻を満喫、大盛況の末に閉幕した。関係者は大阪市の新たな行事の創出と、両市の観光振興やねぷた文化発信のため、同イベントを恒例行事化しようと意気込んでいる。
【写真説明】今年初めて行われた「大阪ねぷた祭り」。関係者は恒例行事化に向けて意欲的だ=9月27日、大阪市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。