地域が高齢化する中、弘前市では認知症患者とその家族が安心して暮らせる環境を目指し、地域ぐるみで見守りや声掛けをする取り組みが進められている。今月からは認知症患者が行方不明になった際、協力機関と連携して早期に発見・保護する事業もスタート。市は患者の登録のほか、捜索に協力する事業所の参加も広く呼び掛けている。
 問い合わせは市介護福祉課(電話0172―40―4321)へ。
【写真説明】登録すると配布されるキーホルダーなど。登録番号が記され、身に付けていると身元確認などに活用される

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。