東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは29日、弘前市運動公園球技場で行われた第17節で、日本製鉄釜石(岩手)を8―1で圧倒し、ホーム最終戦を白星で飾った。今季13勝1敗3分けの2位で、首位いわきFC(福島)との勝ち点差は3。
 ブランデューは前半2分、眞口幸太選手の浮き球パスに高橋佳選手が頭で合わせ先制。同20分には早乙女達海選手からのパスに高橋選手が反応し、1点追加。35分に1点を返されたが、43分に早乙女選手が眞口選手のコーナーキックを頭で押し込んで2点差に戻し、3―1で前半を終える。
 次戦は10月6日、宮城県石巻市でコバルトーレ女川(宮城)との一戦に挑む。
【写真説明】ブランデューは前半2分、高橋選手(中央)が先制のゴールを決める=弘前市運動公園球技場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。