10月1日から10%に税率が引き上げられる消費税。これまでの消費増税と異なるのは、飲食料品など一部の商品の税率を8%に据え置く軽減税率制度と、キャッシュレス決済による「ポイント還元」が導入される点だ。消費減退を抑えつつ、キャッシュレス化普及による生産性向上を目的にしたものだが、軽減税率は対象品の線引きが複雑で、ポイント還元も店舗により還元率が異なり、市民からは不安の声が上がる。
【写真説明】キャッシュレス決済による「ポイント還元」が導入される今回の消費増税。軽減税率と相まっての複雑さを不安視する市民は多い

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。