日本ロマンチスト協会(本部長崎県雲仙市)は24日、深浦町舮作の艫作埼(へなしさき)灯台を「恋する灯台」、立地する同町を「恋する灯台のまち」にダブル認定した。灯台の認定は本県で2基目、津軽地方では初。協会の波房克典会長が同灯台を訪れ、吉田満町長に認定証を手渡した。
 同町は認定を受け、10月5日から11月3日まで全国で展開される「恋する灯台へ行こう!」キャンペーンに参加。同灯台と海の写真を撮影し、「ロマンスステーション」に設定した同町観光課に見せると、オリジナル記念バッジと記念絵はがきをプレゼントする。
【写真説明】艫作埼灯台を背に、写真に収まる吉田町長(左から2人目)、波房会長(左端)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。