台風17号から変わった温帯低気圧が23日夜から24日未明にかけて本県を通過した。一部の地域で強風に見舞われたが、人的被害や交通機関の大きな乱れはなかった。懸念されていた農業被害も軽微にとどまり、農家の間には安堵(あんど)が広がった。
【写真説明】懸念されていた農業被害が軽微にとどまり、秋晴れの下で着色管理などに励むリンゴ農家=24日午後1時50分ごろ、弘前市松木平

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。