弘前市出身のケーナ奏者・岩川光さんと名古屋市の映像作家・水澄(みずすまし)げんごろうさんが共同制作した短編映画「Pacha―あめつち―」の上映会が28日午後6時半から、弘前市新町の専求院で開かれる。県内各地と、チリとアルゼンチンにまたがるパタゴニアの大自然の美しさ、そこに暮らす生き物たちに焦点を当てた作品で、岩川さんにとっては初の映画制作、出演となる。当日は岩川さんが撮影秘話を語り、演奏も披露する。
 料金は3000円。チケットは弘前市のコトリcafe、カフェテラス・ケララ、黒石市のル・グレで扱っている。問い合わせは岩川さんのレーベル兼音楽プロダクション「OTONOMADO」(電話050―5532―8481)か専求院(電話0172―32―7777)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。