10月1日の消費税率引き上げまであと1週間。増税前の駆け込み需要が高まっており、3連休の中日である22日には家電量販店やドラッグストアなどで商品を買い求める市民の姿が見られた。各店によると、2014年4月に5%から8%へ引き上げられた時に比べると動向は緩やかとしながらも、9月中旬ごろからまとめ買いや高額商品の動きが活発化してきているという。
 弘前市高田4丁目のケーズデンキ弘前本店では22日、午前中から駆け込み購入で訪れる客が見られた。川村慶副店長によると、駆け込み需要は今月初めから目立ってきたといい、この日も「配達は急がないが契約だけは月内に済ませたいというお客さまが多かった」と話す。エアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫の売れ行きが良く、同店では駆け込み需要は今月末まで続くとみている。
【写真説明】消費増税の前に洗濯機を買い替えようと品定めする買い物客たち=22日午前10時55分ごろ、ケーズデンキ弘前本店

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。