医学生が来年度からの臨床研修病院を決める「医師臨床研修マッチング」の中間結果が20日、発表された。募集を停止している弘前市立を除く県内13病院(総募集人員147人)を第1志望に選んだ学生は前年度比3人減の82人で、中間結果としては過去2番目に多く高水準を維持した。東北の中では宮城県に次いで2番目に多かった。
 マッチング参加者は今回の結果を踏まえ、希望順位の再検討を行うことができる。10月3日が希望順位登録の最終締め切りで、最終結果は同17日に発表される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。