福島県須賀川市で開かれた「第7回全国小学生一輪車大会」で、弘前市の豊田児童センター一輪車クラブ(木村笑子監督)のチーム「蕾」が、グループ演技部門クラスL(10人以上の部)で優勝に輝いた。チームのメンバーは「練習の成果を出せた」と喜んでいる。
 大会は15日に開かれ、予選を通過した7組がクラスLに出場。16人で構成したチーム「蕾」はポルノグラフィティの曲「ジョバイロ」で演技。黒く裾の長い衣装をまとい、ラテン調のテンポの速い曲に合わせ、活発なチームの特徴と男子の力強さ、女子の細やかな表現の美しさを生かした演技を披露した。
【写真説明】クラスLで優勝したチーム「蕾」のメンバー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。