見渡す限りのこけし、こけし―。鶴田町歴史文化伝承館の展示ギャラリーで、同町の元教諭・故瓜田昌一さんが制作、収集したこけし約450体が展示されている。東北全県から集められたこけしが、ずらりと顔を並べるさまは圧巻。27日まで。
 瓜田さんは鶴田小学校長などを歴任。全国的に有名な「ツル多はげます会」の初代会長も務め、2010年に亡くなった。瓜田さんの親族が今年3月、瓜田さんが集めたり自ら彫ったりしたこけし合わせて2000体以上を町に寄贈した。今回はこのうちの一部を展示している。
【写真説明】さまざまな地域のこけしがずらりと顔を並べている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。