情報社会の進展に伴って、教育の現場でもICT(情報通信技術)の活用が進められているが、県内のICT環境整備率や教員の活用指導力は全国に比べてやや低い状況にあり、さらなる向上が課題となっている。県教委学校教育課は「児童・生徒の情報活用能力が高まることは主体的・対話的で深い学びにつながる」として、より一層のICT環境整備や教員のICT活用指導力の向上に務める方針だ。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。