秋の岩木山麓を歩く「嶽きみウォーク」が16日、行われた。参加者は嶽きみ畑を望むコースを爽やかに歩み、完歩後にはゆでたての嶽きみを味わうなど、この時期ならではの岩木山の魅力を満喫した。
 岩木振興公社が秋の岩木山を楽しんでもらうことと、障害の有無に関わらず参加できる健康づくりを目的に行ったもので、今回で4年目。嶽きみ畑沿いなど11・5キロを歩く所要時間3時間程度のロングコース、車いすなどでも参加しやすい3・5キロのショートコースを設定し、約80人が参加した。
 参加者は岩木山総合公園の駐車場をスタート。ロングコースは嶽・湯段方面に向かい、広大な嶽きみ畑やススキがたなびく岩木高原の景色を眺めながら歩いた。時折涼やかな風が吹く秋晴れの下、ウオーカーたちは和気あいあいと歩みを進めた。
【写真説明】嶽きみ畑沿いなど秋の岩木山麓を歩く参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。